記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

Karl von Burgundをネタに描いてみた

トップのKarl von Burgundの記事に載せよう!と思って描きはじめた、苛々を家臣にぶつけ始めるグランソンの戦い直後(第2幕・2場中編)ぐらいの負けが込んできてふてくされたシャルル。記事の本文が長くなりすぎた&なんかみじめで汚くてシャルルっぽくない絵になったので諦めました。鎧具足が全然描けてなくて戦に生きる人の勇ましさが皆無になっているのがみじめさに輪をかけてると思う。...

続きを読む

Karl von Burgund(もくじ)

辺境のブログへようこそ。こちらは中世の秋を支えたヴァロア系ブルゴーニュ公家のファンブログでした。興味のある方がいらしたら、シャルル突進公をモチーフにした劇でも読んでおくつろぎください。Karl von Burgund~ein trauerspiel~ Johann Jakob Bodmerシャルル・ド・ブルゴーニュの悲劇 著・ヨハン・ヤーコプ・ボードマー登場人物紹介第1幕・1場第1幕・2場前編 第1幕・2場後編第2幕・1場第2幕・2場前編 第2幕...

続きを読む

TaneguiとChatel???

タンギイ・デュ・シャテルという人がいるらしい。なんか百年戦争中にパリの市長さんをしていたそうで、ジャン無畏公暗殺に加担したという伝説を持った人であるとのこと。(『ブルゴーニュ公国の大公たち』からの受け売りです)そのタンギイ・デュ・シャテルらしき名前がボードマーの『Karl von Burgund』にも見受けられるんですが、この名前の綴りがちょっと変。いや、かなり変。なんか…Tanegui und Chatelになってるんですよ。直...

続きを読む

『シャルル・ド・ブルゴーニュの悲劇』第3幕・3場

●3場の登場人物●シャルル突進公アンベルクールユゴネーラーフェシュタインシャルル突進公『ちくしょう、神はおれを見捨てたもうたか! こうもおぞましい敗戦に見舞われるなんて! なんとむごたらしい不運がブルゴーニュの民に襲ったことか! おれの心はつぶれてしまいそうだ! 鍛え上げた兵をみな失ったことを思うと体じゅうの血が怒りで沸き立ちそうだ。 いっそ神があの兵たちともろともにおれを殺してくれればよかったのに...

続きを読む

『ペルシア人』を読んでみた

『Karl von Burgund』の元ネタだというアイスキュロスの『ペルシア人』を読んでみました。以下類似点・相違点などなど。●ストーリー『ペルシア人』がサラミスの海戦、『Karl von Burgund』がムルテンの戦いと時代背景は異なる。1幕構成だったのが3幕構成になっている。しかし大筋とか台詞まわしはほとんど同じと言ってよいでしょう。いやもうホントに舞台とか地名変えただけじゃね?ってくらいsame。但し終わり方が『ペルシア人...

続きを読む

プロフィール

minomushi106

Author:minomushi106

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。