記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

シャロレ伯きんもーっ☆

肖像画とにらめっこしながら描いてみたにもかかわらず、ありえないキモさになりました。4年にいっぺんしかない閏年の更新がこんなんでいいのか。これはないだろ、常識的に考えて…これからこういうのを描かないようにという自戒の意をこめて画像をアップ。すごいよ!マ●ルさんばりのフォントで『キモいよ!シャルルさん』とロゴを入れようかと迷いました。何故仏像のように薄目を開けているのか。仏像の表情は優しげに見えるのにど...

続きを読む

プーリップのボディ

翠星石の左手が折れてしまったので、販売元に連絡して新しい腕を送ってもらいました。乱暴に扱うようなことはしなかったつもりですが、いきなりモロッと折れたので本当にびっくり。3rdボディはなんというか貧弱貧弱ゥ!!な感じがしますね。可動範囲も2ndより狭まっていて自由なポーズがとりづらいし…2ndは膝がかなり曲がるのに比べて、3rdはあまり曲がらないし。手足のパーツも2ndのほうが大きな頭とのバランスが取れているように...

続きを読む

ジャンヌを見捨てましたが、それが何か?

フランス国王シャルル7世のつもりである。「ル・ヴィクトリュー(勝利王)」とかいう仰々しい綽名を奉られているのである。肖像画を初めて見たときの『性格悪そうな男だ』という印象が抜けないのである。ルーズリーフに落書きしてペン入れするに至らず力尽きたのである。落書きしたルーズリーフは丁寧に捨てたのである。...

続きを読む

いまさらハロハ

ナルキッソスといっしょ。可愛く撮ることができずに気づけば半年過ぎていたという。とても間抜けな話です。最近はスペシャルアイがデフォ?スペシャルがデフォになるとはこれいかに。たま~のスペシャルだからいいのであって…本末転倒も甚だしいと思います。デフォルトカラーが恋しいですね。...

続きを読む

『The Spider King』におけるルイとシャルル

『彼のくるんと巻いたブロンドの髪の毛や短く剃られたひげなど、そうした目立った見た目のよさは ブルゴーニュ宮廷内の半数に及ぶ伊達男たちの絶望と羨望を呼び起こしていた。』(The Spider King・4章31節から)(伊^ω^)達^ω^)男^ω^)<絶望した!シャロレ伯の恵まれすぎた見た目に絶望した!…えーと、想像するとしたら↑こんな感じ?以上スミヌキ鍵括弧内が『The Spider King』のシャロレ伯シャルルの容貌に関する簡...

続きを読む

Der Fröhliche Wanderer(ゆかいに歩けば)

1.おれの親父は遍歴職人  その血がおれにも流れてる  だから陽気に歩くのさ  歩ける限りはどこまでも  帽子を振りながらね※ファレリ、ファレラ、ファレリ ファレラ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ファレリ、ファレラ 帽子を振りながらね ハイ・ディ、ハイ・ダ ハイ・ディ、ハイ・ダ! 帽子を振りながらね2.活き活きとした喜びをもたらす旅  体の芯から元気が湧き出る  自由を胸いっぱいに吸い込むと  喜びの歌...

続きを読む

『The Spider King』におけるルイとシャルロット・2

こちらの続きになります。突然気を失ったシャルロットを介抱するために家来や女中たちを呼んだルイ。果たしてシャルロットは快復するのか?!~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~ルイーズ・ド・ベトゥレーンという名の王太子妃の乳母を長年やってきた婦人が、シャルロットの周りの人垣をその『おかん』と呼んでしかるべき肥った体型をもってかき...

続きを読む

Dollybird vol.9

ヴィンテージバービー・スキッパー特集につられて今更買って読みました。様々なスキッパーとOFが紹介されていて、あれも可愛いこれも可愛い!と読みながらワクワクが止まりませんでした。特にモッズ期のソーセージカールのスキッパーが可愛かったです。古いおもちゃの特集は読んでいてタイムスリップしたような気分になりました。昔のおもちゃって面白すぎる…。特に『たこぶえ』みたいなぬいぐるみがすごいw読み進めていくと球...

続きを読む

1ナントカ硬貨

それぞれ上から1プフェニヒ(1777年発行)1クロイツァー(1851年発行)1マルク(1921年発行)1プフェニヒ(1962年発行)この中にひとつだけ仲間外れの小銭があります。さてさてどれでしょう。裏返して見るとこんな感じです。ハプスブルク家の双頭の鷲・大海原を駆ける大型帆船・東ドイツのコンパスと麦のマークといったそれぞれの時代を反映したデザインがされています。一番上の1プフェニヒは長年使われ続け...

続きを読む

『The Spider King』におけるルイとシャルロット

前の記事からかなり話が飛んで4章32節から。前の記事で『シャルロットをブルゴーニュへ迎えよう』という話し合いがされていましたが、31章でシャルロットがルイのもとにやってきます。そして今回記事にした32章。なんだか近頃元気がなく、健康が優れない様子のシャルロット。一体全体どうしたんだ、なんかあったんかと心配が嵩じてシャルロットのお手伝いをしているお女中ルレットをものすごい勢いで問い詰めるルイ。姫君は...

続きを読む

プロフィール

minomushi106

Author:minomushi106

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。