記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

マクシミリアンの綽名の根拠が!!

マクシミリアンの綽名…といっても『最後の騎士』というよく知られた綽名のほうじゃありません。マリー・ド・ブルゴーニュとの新婚初夜を迎えた後に民衆が面白がって付けた『絶倫王』(笑)なる綽名のほうです。その綽名がつくことになったといういきさつが「世界風俗史」という本に載っていました。これがなかなかふるっています。マクシミリアンは世界でもっとも富裕な女子相続人マリー・ド・ブルゴーニュを妻にし、侍従の報告によ...

続きを読む

Ich liebe dich,so wie du bist

時折あなたは嬉しそうな顔をする時折あなたは泣きそうな顔をする理由なんてわからないわあなたはわたしのところにもう二度と戻ってこないようなそぶりで出て行くけれど結局また帰ってきてわたしにキスしてくれるのあなたが好きよ、あなたがわたしを好きなのと同じくらいねあなたといると毎日が生まれ変わっていくみたいあなたが好きよ、あなたがわたしを好きなのと同じくらいねわかってるわ、わたしたちが別れることなんてありえな...

続きを読む

まだまだエボニー+ハロハ

ピンク目が好きなだけに、色抜けが非常に惜しいです。あと最近のスペシャルアイ濫発も寂しいですね。久々のデフォアイだったカンカンもあんまりピンとこなかったし、もうプリマドーリーシリーズに期待するしかない…プリマドーリー3の情報まだかなぁ。フルーツシリーズみたいに限定じゃなかったらいいんだけど。なんか幹の間にゴミが挟まってた。器用な捨てかたですね。つかゴミ箱に捨てるか家に持ち帰って捨てようよ。...

続きを読む

改変・ルイ11世とシャルロット王妃

以前に描いたルイとシャルロットを直しました。なんだか老けていたシャルロットの髪型を変えて髪の毛も増量、そしてルイを多少若くしてみました。でも相変わらずシャルロットの体格が華奢というには程遠くなっています。どうも女性を描こうとすると逞しい骨格になってしまうのはなぜなんだぜ?「可憐・華奢・優美」なイメージの強いマルグリットも描けば描くほど逞しい感じになっていって困る。おかげでいまだに頭の中のイメージに...

続きを読む

しつこくエボニー+ハロハ

実際のエボニーのメイクの色あいに合わせて明るさやコントラスト調整を繰り返していて気づいたら画像の色合いがとても不自然になってました(特に2枚目)ハロハ+エボニー、まだまだ続きます。なんか思いのほか気に入ってしまった。...

続きを読む

エボ…ニー??

ハロハ時々エボニー。髪のパーツだけエボニーと取り替えたハロハです。こちらも印象がだいぶ変わりました。ナチュラルスキンで黒髪の組み合わせがそこはかとなくレイニー。実はエボニーとハロハの髪を取り替えて組み立てなおしたすぐ後、ものすごい違和感に襲われました。なんか…違う!?エボニーなのにエボニーじゃない!ハロハなのにハロハじゃない!!うまく説明できないのですが、『ものすごい違和感』を言葉にするとこんな感...

続きを読む

エボニー+ハロハ

えーと、あえて名づけてみるとしたらハボニーかエボハでしょうか。日焼けミルフィーユの肌色と髪色のバランスにあやかって。あと、意外とロキシーっぽくなりそうな気がするというたくらみも加わって突発的かつ衝動的にエボニーとハロハの髪だけ取り替えを敢行!結果としては全然ロキシーっぽくなりませんでした。どう見てもエボニーです。本当にありがとうございました。そもそもメイクも肌色も全く違うブライスに似せようとする試...

続きを読む

Ein bißchen Goethe,ein bißchen Bonaparte

わたしの理想はゲーテやナポレオンみたいな人わたしのイメージにぴったりくるような頭も良くて勇敢な人がいたらいいなゲーテやナポレオンみたいな人わたしの理想はそんな人頭も良くて勇敢な人がもしいたなら絶対にこう訊ねるわ『どこに住んでるの?名前はなんていうの?』ってね強くてたくましい人だった彼はどこか理想と違ってたとっても頭のいい彼だってやっぱりどこかがイメージと違ってたゲーテやナポレオンみたいな人わたしの...

続きを読む

ミルフィーユの日焼けを検証してみる

まずティモテと並べてみました。ミルフィーユ、黒っ!そしてティモテも白っ!!次にジェニーと並べてみました。ああ、黒い。黒いよミルフィーユ。これまで日焼けして見えたジェニーの肌色が普通に色白に見えてきたよ。なにこの日焼け肌マジック。なんと肌の色合いは日焼け肌バービーとほぼ同じくらいでした。そして双方とも金髪系の髪色でした。意外な共通項発見。最後に手持ちの日焼け肌ドールを3体ゴロリと並べてみました。ブラ...

続きを読む

茶箱のミルフィーユ

ジェニー15周年記念で発売された『リミテッドエディション』いわゆる『茶箱』のミルフィーユを突発的に買ってきました。オークションとかで見ていた箱入り画像には全くピンとこなかったのに、おもちゃ屋で売れ残っているのを見かけて「おお、可愛い!!」と感動。そして購入。ミルフィーユ1号と並べてみましたが、ともすれば別人とも見えるほど。この日焼けっぷりは凄いです。並べるとエボニーが色白に見えるくらいこんがりして...

続きを読む

プロフィール

minomushi106

Author:minomushi106

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。