記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

TNT赤毛のリプロさん。

バービー50周年記念のTNT(モッズ・バービー)リプロさん。ついてきたZokko!のリプロOFを着せました。まぶしいっす!かわいいんだけど、まつげの植毛が結構雑だったり。これまでのリプロと異なり、脚が3~4クリックできるように改良されているみたいです!今後のリプロも(発売されるとしたら)こういうタイプになっていくんでしょうか。...

続きを読む

善良公(ブルゴーニュもの)と勝利王(フランスもの)2

ここまで描きましたがやっぱり描き直そうかとも考えてます。手持ちの金羊毛騎士団トランプではこんなふうになっている。もはや紋章にくるまれてる感じですねw...

続きを読む

フィリップ善良公に関するまとめ

初婚はフランス王女ミシェル・ド・ヴァロア。義父のジャン無畏公は彼女に常にうやうやしく接したそう。再婚はヌヴェール・ルテル伯妃ボンヌ・ダルトワ。フィリップ善良公がとても愛した、らしい。再々婚はポルトガル王女イザベル・デ・アヴィシュ。このイザベルとの結婚式ついでにブルゴーニュ家に名高い金羊毛騎士団が設立されたのは有名な話。フィリップ善良公は生前…『腹のすわった人』…という綽名をつけられていたそう。そのか...

続きを読む

結局フィリップ善良公って『善良』なのか。

ホラント・エノー・ゼーラント女伯ヤコバ・ファン・ベイエレンの扱いといい、百年戦争土壇場での裏切り(あくまでイングランド側にとっては、だが)といい、どうもフィリップ善良公が『ル・ボン=善良』という気がしなくなってまいりました。イングランドとフランス双方がブルゴーニュ公国を味方に付けようと必死になる中、ギリギリまでどちらにもつかなかったうえにネーデルラントに領土を拡げて勢力を伸ばしていく有様。父親ジャ...

続きを読む

ホラント女伯のヤコバさん(ネーデルラント継承戦争のだいたい)

バイエルン・シュトラウビンク系のヴィッテルスバッハ家出身で、フィリップ善良公の従妹に当たる人、なのにホラント・ゼーラント・エノー伯領をめぐって従兄のフィリップ善良公と戦いまくったヤコバさん。フランス語だとジャクリーンとかジャクリーヌになるそうです。このヤコバさんというのがもう、すごすぎる。女傑と言っていいんじゃないかなぁ。ことの始まりは父親のホラント伯・ウィレム6世の死去で、当然ながら娘のヤコバが...

続きを読む

シャルル突進公のお誕生日イラストをてにいれたぞ!

自サイトのほうからリンクさせていただいている佐倉もちさまのブログで、なんと麗しきシャルル様のイラストがっ、がはぁああ!もう嬉しすぎて昇天できそうな勢いですよ!ロヒール・ファン・デル・ウェイデンの手になるシャルル突進公の肖像画に表された、あの『突進公』の綽名に似つかわしくない冷静そうで柔和かつ優しげな雰囲気が余すところなく再現されてるもんだからもう眼福の極みな上にニヤニヤしすぎて鼻血が止まらないぜハ...

続きを読む

ひとり息子に全てを賭けた両親の気持ち。

ブルゴーニュ公フィリップ(ル・ボン。フィリップ善良公と和訳される)は子供に恵まれなかった。子供というのは嫡子のことである。最初の奥方ミシェル・ド・ヴァロア(シャルル7世の姉)は1422年に若くして死んでしまい、子供はなかった。そして1424年のボンヌ・ダルトワ(フィリップとは同い年だが叔母にあたる)との結婚はまずその目的というのが速攻で子供を作ることだった。身も蓋もない。そして運の悪いことに結婚し...

続きを読む

善良公(ブルゴーニュもの)と勝利王(フランスもの)

Ou suit de Vienne et de GrenoblesLy Dauphin, Ly preux, Ly senez,Ou de Dijon, Salins et Doles,Ly sires et ly filz ainsnez,Ou autant de leurs gens privez,Heraulx, trompetes, poursuivans,Ont ilz bien bouté soubz le nez?Autant e emporte ly vens.Sei von Vienne er, von GrenobleDer Dauphin klug und hochgesinnt,Ob von Dijon, Salins und DôleDer Herr mit seinem ältesten Kind,Herolde, Bl&au...

続きを読む

グラハムさんの歌いまわし・2

The Marbles(グラハム・ボネットさんと従兄弟のデュオまたは同名のアルバムを指す)を聴いた親曰く。「『聴けぇぇええええ!』っていう熱意は伝わってくるが、『聴かせる』歌い方ではないね。 このときのグラハムっていくつくらいなの?」マーブルスで活動してたころのグラハムさんは二十歳そこそこくらいだと教えるとまた親曰く「そっか~、じゃあしょうがないかもねぇ。 でも二十歳そこそこのロニー*)のほうがもっと聴かせる...

続きを読む

グラハムさんの歌いまわし

「グラハムのヴォーカルって『押し』しかない歌い方じゃね?」とは親の言。血管ぶち切れ(Hiroshima Mon Amour、God Blessed Videoあたりか?)とか暑苦しい(たしかに)とかビブラートかけてなくね?(さすがにプロとしてそれはない)とか形容されることもあるスタイル。デビュー曲のOnly One Womanもハードロック・メタル系の曲と比べると『非常に聞きやすい』と思うけど、世間一般の基準を鑑みるとやっぱり や か ま し い...

続きを読む

プロフィール

minomushi106

Author:minomushi106

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。