記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

聖なる泉の奇跡?2

( ^ー^)『んー、思い描いていたよりも何百倍も美味しいわ♪』マノレゴはベーコンを一切れほおばると、幸せそうに目を輝かせた。( ^ー^)『さ、もう一切れ…』   Å⊂( ゚Д゚,, )「ちょっと待てマノレゴ。納得いく説明を頼む」(´・ω・`;)「なにゆえ、わしが今しがた泉に投げ込んだベーコンが妃殿下のお手元にあるのですかな」マノレゴは話を聞いていない!マノレゴは向こうにいるらしい誰かを呼ぶしぐさをした。( ゚ー゚)ノシ『レモーヌさん...

続きを読む

ドイツ王フリードリヒ5世、帝冠と妻を貰いに行く・9

酔いつぶれかけたフリードリヒがレオノールに支えられてベッドに引きずり込まれようとしている丁度その頃、レオノールの乳母やは寝ているナポリ王アルフォンソを起こしに行っていた。 @@@ @#_、_@  (  ノ`)「アルフォンソ陛下、起きとくれ!今夜、皇帝陛下がレオノール姫をお抱きなさるそうだよ!」( つω・´)「なにっ!?オーストリアに帰ってからという話じゃなかったのか?」 @@@ @#_、_@  (  ノ`)「あたしにも...

続きを読む

閑話休題~家系図にうずもれて~

百年戦争中のフランス王侯貴族のファミリーネームに、やたらとバヴィエール(バイエルン)やらリュクサンブール(ルクセンブルク)が多い件。どちらも当時で言うところの『神聖ローマ帝国(H.R.R)』内の領邦なわけで、じゃあこのファミリーネームを持つ人たちは皆神聖ローマ帝国から嫁いで来たのか?と気になってぐぐってみたら、あっという間にこの有様だよ!ほんと、百年戦争時代の中央ヨーロッパの系図が神聖ローマ帝国諸侯の...

続きを読む

Wino Song(邦題・『ウィノ・ソング』)

グラハム・ボネットさんの1stソロアルバム「Graham Bonnet(邦題・『スーパー・ニヒリズム』)」から。おさけのうた?というネタで以前記事を書きましたが、やっと訳せたよ!ただ訳してみたらかなりシュールな詞が出来上がってこっちの頭が混乱しそうだよ!liver(肝臓)とriver(川)を訳し間違いかけたよ!winoが「酔っ払いの浮浪者」みたいな意味合いだと辞書に書いてあったけど、そのまま訳すと堅苦しいから「乞食」にした...

続きを読む

ブルゴーニュ公が悪者になる理由~ネーデルラント継承戦争からアラス条約前後のだいたい(2)~

1423年、フィリップ善良公はハンフリーの兄・ベドフォード公ジョンにやんわりと釘を刺します。(`・ω・´#)「おい、アングレーズの兄貴のほう。貴様の弟に関して話がある」(;・∀・)「これはこれはブルゴーニュ公…弟のことで何か?」(`・ω・´#)「何か?じゃないだろ!貴様の弟がネーデルラントに介入して俺の邪魔をしてるんだよ!」(;・∀・)「えぇ~、ハンフリーがそんな勝手なことをしてるとは…」(`・ω・´#)「知らな...

続きを読む

ブルゴーニュ公が悪者になる理由~ネーデルラント継承戦争からアラス条約前後のだいたい(1)~

百年戦争末期に表舞台に上がるブルゴーニュ公ジャン無畏公(サン・プール)とフィリップ善良公(ル・ボン)。なぜかイングランドとフランス双方から印象の良くないこの二人。いちブルゴーニュ派として、そもそもどうして評判がよろしくないのかを今一度考察してみましょうぞ!!ジャン無畏公は、初代ブルゴーニュ公フィリップ豪胆公(ル・アルディ)の政策を受け継ぎながらフランドル・ネーデルラント方面に勢力を伸ばし、海峡を挟...

続きを読む

ピエール・ガクソット『フランス人の歴史』(1)

中世ドイツ文学に関する講義で、中世初期のフランク王国についての面白い話を聴いたので図書館でさらっと読めそうな厚さの本を借りてきました。しかし、講義中のお話とこの本の価値観のあいだに『ゲルマン人』への印象に対して深く長い溝が横たわっていることに気づく。(講義中のお話)ゲルマン人は自分たちの領土であるライン以西を征服・移住してフランク王国を築き上げたが、ガリア人との婚姻およびガリア人がローマ帝国になら...

続きを読む

女伯・国王・王妃・王太子のデザインを固める作業

エリーザベト・フォン・バイエルンとヤコバ・ファン・ベイエレン。どちらも(末期のルートヴィヒ2世のおかげでアレな意味で有名になっちゃった…)ヴィッテルスバッハ家出身ですが、家系が違うそうです。エリーザベトはというと神聖ローマ帝国内でバイエルン公領を治めていたインゴルシュタット系。ヤコバは北のほうでホラント・ゼーラント・エノー伯領を治めたシュトラウビンク系。エリーザベトのほうはドイツ語読みで、フランス...

続きを読む

聖なる泉の奇跡?

( ゚ー゚)『ねぇ、ギイ様!公爵閣下!少しお時間をいただけるかしら?』  Å( ゚Д゚,,;)「む?なんだねマノレゴ」物静かなマノレグリットが声を張り上げたので、ギイは驚いて彼女のほうを見やった。(´・ω・` )「おお、これはしたり!プライベートな話ばかりしてしまったせいで、マノレグリット妃        殿下を蚊帳の外に置いてしまいましたな。申し訳ござらん」( ゚ー゚)『いえいえ、興味深く拝聴いたしましたわ。ブノレゴーニュ公...

続きを読む

百年戦争後期ってだいたいこんな感じ?

右上から反時計回りにホラント女伯ヤコバ・ファン・ベイエレン(ジャクリーヌ・ド・エノー)、ブルゴーニュ公フィリップ3世善良公、フランス王シャルル6世狂王、フランス王妃イザボー・ド・バヴィエール(エリーザベト・フォン・バイエルン)、王太子シャルル・ド・ヴァロア(フランス王シャルル7世勝利王)安易にWikipediaでシャルル6世とエリーザベト・フォン・バイエルンを調べようと思ったら肖像画がまったく当てにならな...

続きを読む

プロフィール

minomushi106

Author:minomushi106

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。