記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

リシャール・ド・プランタジュネの死(補足)

ランカスター家の年代記によると、リチャード2世が亡くなったのは義兄のジョン・オブ・ホラント(あっちの言葉だとヤン・ファン・ホラントになりそう)の死の報せを聞き及び心痛が嵩じて、ということらしい。いやぁ、うさんくさいですね。ヘリフォード公ヘンリー、いやヘンリー4世がどうにか王位簒奪という事実を隠そうとしてこんなことを書かせたとしか思えませんが。そしてリチャード2世(王ではなくなったのでただのリシャー...

続きを読む

(番外編)ロンドン塔のシャルル・ドルレアン(4)

厳しいツッコミを受けて涙目のオルレアン公に目もくれず、リシャールは身の上話を続ける。(`∀´#)『でなぁ、起き上がってから何度歩こうとしてみても、なんでかこけてまうねん。       おっかしいな~思たんやけどな、とりあえずこのポントフラからロンドンまで行って       ヘンリー野郎に文句言うのが先や!思てなぁ』ヽ| ;∀;|ノ「思って?」(`∀´#)『まぁどっかで足をひねったんやろ、歩けんならしゃー...

続きを読む

(番外編)ロンドン塔のシャルル・ドルレアン(3)

ヽ|;・∀・|ノ「イングランド国王リチャード2世陛下、やっぱり生きてらしたんですか!」オルレアン公は目の前の半透明の男…リシャール・ド・プランタジュネに向かって跪いた。ヾ(`∀´;)『いや、死んどる死んどる。僕の足元よ~く見てみ?』ヽ| ・∀・|ノ「えっ?」視線をリシャールの足元に移したオルレアン公は、あるはずのものがないことに気がついた。ヽ| ;∀;|ノ「ひぃっ!膝から下がぼやけてる!!」(`∀´ )『な?』...

続きを読む

(番外編)ロンドン塔のシャルル・ドルレアン(2)

ヽ|; ∀ |ノ(やっぱり何かいたーっ!)( `∀´ )「………………」痩せた半透明の男は何も言わずに佇んで、冷や汗をかくオルレアン公を見つめてくる。ヽ|;・∀・|ノ(恐いよ!なんかあの眼を見てると呪われそうだよー!こっち見ないでぇぇえ!)( `∀´)フイッヽ|;・∀・|ノ(よかった、視線外してくれた)( `∀´ )ジーッヽ|; ∀ |ノ(と思ったらフェイントだったああああ!)なぜ目の前の半透明の男が自分のほうを見つめてくるのか、...

続きを読む

『あの生きている恐怖(リシャール)を取り除いてくれる友はいないのか』

今のところシェイクスピア『リチャード2世』の後半部分がいまいち纏まりそうにないんで、とりあえずプチ☆ツッコミでお茶を濁すことにするよ!●どう見てもイザベルちゃん(王妃)の語彙力が10歳のそれではない。 とりあえず庭師は何も悪くないから彼に当たるのはやめてあげて…●リシャール(王)やっぱ台詞なげぇwwwww 王位放棄のくだりはひどい罰ゲームですね。でもリシャール台詞長いよリシャール。 悲しくてやりきれな...

続きを読む

シェイクスピア『リチャード2世』前半ダイジェスト

リシャール「なんやお前ら、最近いがみ合ってるようなんで話を聴いたるわ」ノーフォーク公トマス・モーブレー「こいつが悪いんですー!」ヘリフォード公ヘンリー・ボリンブロック「違いますー、こいつのほうがもっと悪いんですー!」リシャール「…話にならへんなぁ、叔父さんちょっと仲裁頼むわ~」ランカスター公ジョン・オブ・ゴーント「とりあえずお前ら落ち着け」ヘリフォード公ヘンリー・ボリンブロック「何いってんの父上w...

続きを読む

ホットスパーがアップをはじめました。

イングランド貴族「うるせえ!」イングランド貴族はうっとうしそうにリシャールの手を振り払いましたが、数日間なにも口にしていない彼にとってその何気ない行動はウォーハンマーのごとき効果を与えましたとさ。イングランド貴族「サーセン、リチャード死んじゃいました」(#゚д゚)「あぁ?」ヘンリー4世も突然の知らせにびっくり。反乱頻発。エドワード3世の代から続く財政難で給料を支払えないため、このたびの王位簒奪劇で味方...

続きを読む

リシャール・ド・プランタジュネの死

1399年、貴族たちに率いられた議会がいうところの「暴政」の罪により、王位を剥奪されたイングランド国王リチャード2世。ただのリシャール・ド・プランタジュネとなった彼は、王妃と引き離されてロンドン塔に幽閉され、数々の城塞を転々とさせられてからヨークシャーにあるポンティフラクト城(Pontefract Castle)に移され、そこで33年の生涯を終えます。あっ、窓の位置が下がってる(汗)1400年の2月半ば、聖ヴァレ...

続きを読む

(番外編)ロンドン塔のシャルル・ドルレアン

オルレアン公シャルルはドーヴァーでブーシコー元帥と別れてロンドンに移動し、イングランドの貴族の案内で塔の中に入ることになった。イングランド貴族「オルレアンの公爵どの、なにかご希望があればなんなりとおっしゃってください。           釈放以外ならばこちらで何でもご用意いたしますので」ヽ| ・∀・|ノ「ん、わかったよ。        早速だが無事にロンドルまで着いたことに対して主に祈りを捧げたい。...

続きを読む

ボルドー生まれのリシャールさん・2

●ボルドーのリシャールさん、ことリチャード・オブ・プランタジネット フランス語だとリシャール・ド・プランタジュネかな。 イングランドの国王としては『リチャード2世』です。エドワード黒太子(ブラック・プリンス)の次男で、ボルドー生まれ。ボルドー、アキテーヌ(ギュイエンヌ)つながりでリチャード獅子心王にあやかった名前だろうか。10歳でイングランド国王に即位するが、仲のよろしくない従兄弟のヘリフォード公...

続きを読む

プロフィール

minomushi106

Author:minomushi106

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。