記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

グロースターのリッチー関連・17(ぬるい流れと(^ω^ )出現注意)

先に到着していたアンの姿を認めると、リチャードはおそるおそる彼女の肩を叩いた。(;`・-・´)「あの、ごめん…待ったかな?」*(;∩゙)*「それほど待ってないけど…なにその格好」(;`・Д・´)そ教会の中でこれでもかというほど灯されていた蝋燭の光をリチャードの婚礼衣装が全て反射していたので、アン・ネヴィルは眩しそうに顔を手で覆いながら彼に相対することになった。*(∩∩)*「ベールの下から見ても分かるくらいまぶしい...

続きを読む

グロースターのリッチー関連・一行AAまとめ

●グロースター公リチャード・オブ・ヨーク(リチャード・オブ・プランタジネット)(`・-・´) (`・д・´) 通常時(`・ー・´) (`・ー・´*) ドヤ顔、上機嫌、微笑(`・д・´*) (`・Д・´*)うれしい(´・д・`) (´‐д‐`) がっかり、あきれ(`・-・´;) (`・д・´;) (´・д・`;) あせり(´;д;`) (`;д;´) なみだ目(`・д・´#) (`・Д・´#) (´゚д゚`#) (´゚Д゚`#) 怒り→マ...

続きを読む

まず原書を出せ、話はそれからだ。

図書館でかのPaul Murray Kendall(ルイ11世の伝記などを手がけている人)著の『Richard III』を発見したけどフランス語訳だったでござるの巻。原書(英語)は無いというおまけつき。なぜだ…なぜこうなる…トマス・モアの『リチャード3世史』ドイツ語版訳も発見。読んでみようかどうしようか。なんか名誉毀損多そうなんだよねぇ。...

続きを読む

(番外編)ロンドン塔のシャルル・ドルレアン(13)

(英^ω^)「さ、話してもらいますお。       我が国の守護聖人聖ジョージにかけて秘密にいたすゆえ、何を見たのかおっしゃって下さいお!」ヽ| ・∀・|ノ「わかった。えーとね、確証は持てないんだが私が見たのはどうも君たちの国の王様をやってた        リシャー…じゃないや、君たちの国の言葉で言うところのリチャード2世陛下っぽい人だったよ」(;英^ω^)「えっ」『リチャード2世』の名前を聞いたイング...

続きを読む

座右の銘を書いた後に署名する。

上から順にヨーク朝イングランド王エドワード5世とグロースター公リチャード(ヨーク朝イングランド王リチャード3世)とバッキンガム公ヘンリー・スタッフォードの署名。1483年頃のものだそう。エドワード5世の署名→なんとなくエドワードって書いてあるかもしれない、つかラテン語かもしれないグロースター公リチャードの署名→よく見たらちゃんとリチャード、グロースターって読める                   ...

続きを読む

(番外編)ロンドン塔のシャルル・ドルレアン(12)

(つ∀∩|||)『………僕のせい…僕の…』リシャールは背中を丸めて俯き、呻きともつぶやきともつかないことを繰り返しながらベッドの上に座っている。ヽ|#‐∀‐|ノ「………リシャールさん、ウザいから出てってくださいますか。        ここでメソメソされても迷惑ですから」(つ∀∩|||)『…んなこと言われても僕、こっから動けんもん…』ヽ|#‐∀‐|ノ「…仕方ないな。じゃあ僕が出てってあげますよ。        貴方はここで泣くな...

続きを読む

グロースターのリッチー関連・16(ぬるい流れと草注意)

(;`・д・´)「僕の格好、変じゃないよねぇ?」(^ω^ )「…僕のコーデに何かご不満でも?」(;`・д・´)「や、そういうんじゃなくって」召使いが張り切って用意してくれた婚礼衣装は、幾何学的なバラの花模様が細かく刺繍されたブルーグリーンのダブレットの上からターコイズブルーのブロケードで出来たウプランドという組み合わせ。襟周りと袖口と裾には白テンの毛皮が縫いこまれている。(;`・д・´)「ちょっと派手すぎ...

続きを読む

グロースターのリッチー関連・15(ぬるい流れと(^ω^ )出没注意)

さて、めでたい婚礼の日がとうとうやってきた。(^ω^ )「グロースター公、起きてくださいお」( づд゙`)「んー…もう5分……」(^ω^ )「予定通り挙式しないと、市民のみなさんや来賓のみなさんから怒られてしまいますお!       さっさと顔を洗って歯をみがいて、それからお着替えなさってくださいお」召使いは勢いよく布団をひっぺがしてからリチャードにガウンを渡した。ガウンを羽織ったリチャードはベッドから出...

続きを読む

蝉が鳴きはじめたというのにカエル。

左はTopper社のDawn(ドォン)、右はワンダーフロッグシリーズのAngie Ewing(アンジー・ユーイング)アメリカはTopper社から60年代後半から70年代にかけて販売されていたDawnシリーズは、日本でもタカラで輸入販売していたそう。のちにこのDawnをベースにしたボディに独自のヘッドをつけて「ピコ」シリーズとして売り出したらしいとのこと。パクリ?いいえインスパイヤです。Dancing~と頭につくギミックつき・ベンダブルレッ...

続きを読む

グロースターのリッチー関連・14(ぬるい流れと(^ω^ )出没注意)

『アンヌさん、なに持ってんの?…危ないからしまいなよ!ちょ、やめてっ、こっち来ないでぇーっ!!』(^ω^;))「何事!?」結婚式前日の朝のこと、召使いはリチャードの悲鳴で叩き起こされた。あわてて主人の寝室のドアを開けた召使いは、ベッドから転がり落ちてなおうなされているリチャードの情けない姿を朝一番から目の当たりにすることになった。ヽ(;´゙д゙`)ノ「やめ…頼むからもがんといて~…」(^ω^;)「…………………」...

続きを読む

プロフィール

minomushi106

Author:minomushi106

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。