記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

MOCHI☆HADA

ある日の昼下がり、グロースター公リチャードとグロースター公妃アンは窓際にもたれかかってほっぺたを寄せ合い日向ぼっこしていた。*(*´ `|´‐Д‐`*)ギュギュー*(*´ `*)*「リッチーくん、もち肌ねー。なんかくやしい」(*´・Д・`*)「アンヌさんもすべすべしてるじゃない?なにがくやしいの?」*(*´ `*)*「…乙女心のわかんない男ねー」*(*´ `)*c<´‐Д・`*)ウニューそこにやってきたリチャードのおともだちフランシス・ラヴェル...

続きを読む

ヨーク兄弟、ブルゴーニュへ亡命する

(つд⊂)(∩Д∩ )シクシク(゚Д゚,, )「…おいシャロレ伯。この泣きべそかいてるチビどもは誰なんだね」(*゚∀゚)「ほら、こないだイングランドで戦死したヨーク公のとこのお子さんだよ」( ´・ω・`)「ヨーク公妃のセシールさんが、国内にいてはマルグリット・ダンジューに何をされるか       わからんので下の息子のジョルジュくんとリシャールくんを頼むとおおせでな」(゚Д゚,,;)「…あー、従妹のマルグリットのことですか…」(*゚∀゚)「...

続きを読む

ちょっとシェイクスピアを脳内補完してみようか。

リチャード3世が王妃アン・ネヴィルを毒殺(笑)する動機はシェイクスピアの『リチャード3世』において詳しく書かれていない。リチャードの下記の台詞で示唆するのみ。かっこ内は個人的な突っ込みである。リチャード「噂をまき散らしてくれ、妃のアンが重病にかかり、死にそうだという。       おれは妃を一歩も外に出さぬよう手をうっておく。       それから卑しい生まれの男を一人見つけてくれ。       ...

続きを読む

ロンドン塔の二王子+1(つぶやき小ネタ)

~1483年~ (´・д・`)「戴冠式の前に悲しいお知らせがあります」(^‐^)「?」(^ワ^)「??」(´・д・`)「アンソニー叔父さんが亡くなりました」(^‐^)(^ワ^)(´・д・`)「それから国王陛下じゃなくてエドワードくんとリチャードくん。きみたちはバタールです」(^‐^)「…バタール?」(^ワ^)「フランスパンのことだよ、にーに!」(;´・д・`)「いや、そっちのバタールじゃなくて…バスタードって言え...

続きを読む

大丈夫じゃない、問題だ。

中世英国史辞典のエドワード・オブ・ランカスター(エドゥアール・ド・ランカストル)の項より適当に訳して抜粋。<サー・ジョン・フォーテスキューの教育と母の強い影響のもと、1466年に重い病気をわずらった  ものの、ハンサムで賢く好戦的な性格をした青年に育った。>(^ω^ )ほほぅ。シェイクスピアがやたら強調してたイケメンてのは史実か<1467年のミラノ公に宛てた手紙によると、13歳の王太子は「戦争を起...

続きを読む

マネキンですか?ドールですか?

リチャード3世に好意的な意味で興味がある方やリチャード3世ファン(リカーディアン)なら一度は行くべし!な秋津羽さまのサイトにて実に興味深い記事を発見。リチャード3世の人形…だと…?いち人形者としては体じゅうの血が沸騰して騒ぐ事柄ですよ!なにこれかわいい…とは言えないけどおもしろい。ヤバい、三次元だ!肖像画とかの二次元じゃなくて三次元のリチャードがおるがー!人形なら日常的に見慣れているので全然許容範囲...

続きを読む

バッキンガム公のヘンリー・スタッフォード描いてみた

ところでこいつを見てくれ、これをどう思う?なんだこの黒ひげ危機一発の中の人みたいなの、とかなんだこの貴族のふりした山賊はって思ったらこれバッキンガム公のヘンリー・スタッフォード(18cの想像図)なんだって…えぇぇー。ちょっと待て。バッキンガム公のスタッフォード家って一応父方(グロースター公トマス・オブ・ウッドストック)と母方(ランカスター公ジョン・オブ・ゴーント)ともに王家の血を引いてる一級貴族な...

続きを読む

百年戦争期・主要王家の人びとの星座と干支(改)

百年戦争後半戦のヴァロア系ブルゴーニュ家からフランスのヴァロア家、イングランドのプランタジネット、ランカスター、ヨーク家までの主要人物の星座と干支一覧を再び訂正を含めてまとめてみたぞ!『だから何?』『何の役に立つの?』とか言わない!ヴァロア系ブルゴーニュ家フィリップ豪胆公…やぎ座・辛巳(かのとみ)あるいは壬午(みずのえうま)マルハレータ・ファン・マーレ…おひつじ座・己丑(つちのとうし)ジャン無畏公…...

続きを読む

リチャード3世史イヤッホォォオウ!

就留オワタ\(^o^)/というわけでもうヤケになってトマス・モアのリチャード3世史を借りてきちゃったぜ。ドイツ語版で。さてリチャード3世がどんだけディスられてるのか   ∧_∧     ∧_∧  ( ・ω・)=つ≡つ);:)д゙`).,,';  (っ ≡つ=つ ⊂  ⊂)  /   ) ババババ(    \  ( / ̄∪      ∪ ̄\_) ←リチャード3世   ↑…聖トマス・モア様のご立派な筆致でダイナミックに描かれているのか楽しみです...

続きを読む

それは無茶です、シェイクスピア先生!

『ヘンリー6世』作中でリチャード(グロースター公リチャード→リチャード3世)がウェイクフィールドに参戦していることに目玉が飛んだ。ウェイクフィールドの戦いが1460年だから…ヽ(´・Д・`)ノ<僕8歳!(←史実)8歳に初陣wwwwwwwwwねーよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwって思ってたらさらにありえない事実にぶち当たった。リチャードがセント・オールバーンズの戦いに参戦している件について...

続きを読む

プロフィール

minomushi106

Author:minomushi106

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。