記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラトランド伯、フォザリンゲーへ行く・4

(´^Д^)『マギー、セシールをよろしくな…』
(^ー^ )「ん、エディ兄ちゃんといろいろ相談して頑張るから。パパは心配しないで」
( つД^)『ちょっと見ないうちにしっかりした子になって』
( ´ー`)『それじゃあ行こうか、父上。母上もマギーも元気でね』
(^ー^ )「ふたりとも、棺をちゃんと用意してこのお城で鎮魂ミサするようにってエディ兄ちゃんに言っとくからね」
( ´ー`)『うん。エディに「ありがとう」って伝えておいて』
(´^Д^)『みんな元気でな。私はいつでも見守ってるからな!』
(゙ー゙ )…zzZ
(^ー^ )「パパもネディ兄ちゃんも、天国で元気でいてね!」

~そして数週間後~

(´・д・`)「マギー姉さん、母上、ただいま!」
(゙ー゙ )「……!!」
( ^Д^ )「ただいま、母上ー!…あれ、具合悪そう」
(^ー^ )「ふたりともお帰り。母上は疲れがたまって寝込んでるのよ。あんまり疲れさせないように静かにね」
( ^Д^ )「エディ兄ちゃんも来るんだろ?それまでに元気にならなきゃダメだぞ」
(´・д・`)「母上が早くよくなるように、僕たちも看病しないと…」
(^ー^ )「ポリッジとか作ってあげないとねえ。…ところでジョージ、さっき運び込まれてきた酒樽はなにかしら」
( ^Д^ )「ポルトガルの甘いワイン!ブルゴーニュの公爵さまにもらってきたやつ!」
(^ー^ )「ボッシュートです」
(;^Д^ )そ「なんでだよ!!!」
(^ー^ )「ジョージの15の誕生日まで、私が預かっておくから。あんたは昔から我慢のきかない子だから危ないわ」
(;^Д^ )そ「えーっ!マギー姉ちゃんの鬼!悪魔!」
(´・д・`)「ジョージ兄ちゃん、ブルゴーニュで溺れるほど飲んでたから。いい薬になるんじゃないかな」
(^ー^#)「まったく、家族の目が届かないとすぐ好き放題するんだから…
       ブルゴーニュの公爵さまんとこにごめんなさいの手紙送っとかないとダメじゃない!」
(((( ^Д^|扉|

*ジョージはにげだした!しかしまわりこまれてしまった!

(^ー^#)っ< ^Д^ ))))「マギー姉ちゃんやめて!痛い!!」
(´・д・`)「僕もお手紙書いていい?ブルゴーニュの公爵さまも伯爵さまも優しくて、すごく親切にしてくれたんだ。
       だから僕から『ありがとう』って書きたいの」
(^ー^ )「いい心がけだわね、リッチー。ジョージもごめんなさいとありがとうを伝えておきなさいよ」
( ^Д^ )「リッチーの奴、いい子ぶりっこしやがって…」
(´・д・`)「ジョージ兄ちゃんはすぐ意地悪な見方をするよね」
( ^Д^#)「口の減らない奴!!!!」
(^ー^ )「事実でしょ。ひねくれてるんじゃありません、ジョージ。後でみんなで手紙書くわよ」
( ^Д^ )「ちぇっ、わかったよ…(マギー姉ちゃんはすぐリッチーをかばう)」

ェァ【長兄エドワード、フォザリンゲーへ凱旋】に続く
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

minomushi106

Author:minomushi106

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。