記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The ClashのThis is Englandを訳してみた

刑務所のあたりからはまた喧嘩の気配が漂ってくる
ヤツらは苦痛の叫びをあげるか、人を傷つけるしかないんだろうか
狭い路地裏に入ると、誰かが俺の腕をつかみ
手にナイフでも持っていたほうがお似合いの脅し文句を口にする


これがイングランドさ、ナイフはシェフィールド製
これがイングランドさ、俺たちの考えはこんなところ


あいつは寒さに震える生活に慣れてきた
そんな報酬のために働きたくない、と口答えすりゃ
誰かしらにぶん殴られる未来が待ってた
そうして、晴れ渡った日に心を決める
外に向かって漕ぎだそうと、ここではないどこかへ向かって


これがイングランドさ、ここで目的もなく死にたくはない
これがイングランドさ、もう泣くのはごめんだよ


凱旋軍に忍び寄ってくるヴィンセントの影
ライダースジャケットを買ったところで
乗るバイクがないから歩きどおし
大西洋のほうからは手垢のついた教義とやらが、凍りついた風になって吹き付ける
輝く栄華なんてもんはどこにもない、俺たちはいつになったら自由になれるんだろう


これがイングランドさ、お前を線路に縛り付けてやるよ
これがイングランドさ、お前を牢獄のなかで殺してやるよ


イングランド人のブーツはヤツらの頭を踏みつけにしていく
新聞が毎日読み捨てられていくのを、オマワリはただ眺めてるだけ
いったん戦争になりゃ、反対意見なんてひと言も漏らせなくなる
ぶん殴られる未来が待ってるんだ、だから俺たち自身がこう戒めなくちゃならない


これがイングランドさ、無法のはびこる国
これがイングランドさ、信念を次々に変えるような国

これがイングランドさ、ナイフはシェフィールド製
これがイングランドさ、俺たちの考えはこんなところ

これがイングランドさ…



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

London CallingかClash City Rockersかそれともこれか、散々悩んだ結果こっちにした!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

minomushi106

Author:minomushi106

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。