FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリフォード男爵、スキップトンへ行く・3

そして庭師と盾持ちにねぎらいの言葉をかけてから、クリフォード男爵は居城の自室に戻って休むことにした。


(@へ@ )『ふぅ…この身になってからは睡眠も仮眠程度にしかとれないようになってしもうてかなわん…』


自室はクリフォード男爵が出陣した日のままに適度な掃除などされていたようで、それなりに整然としていた。
クリフォード男爵は窓を閉めてからベッドに大の字になって横たわると、両手で目もとを覆い隠した。


(つへ⊂ )『あーあ。天の王国からブルゴーニュ、それからドーヴァーを渡ってイングランドの旅は…
        さすがに幽霊といえど…、…疲れる…なぁ…』


横になってしばらく目を覆ったまま、クリフォード男爵はしきりに顔を手のひらでゴシゴシと擦った。


(つへ@⊂)(…ダメだ。疲れると口に出したらますます疲れてしまう。
        というかそれがしはすでに死んだ身だぞ?
        もう王家や家同士の綱引きに巻き込まれる心配もないし、この世のしがらみなんて忘れて旅に
        出ようと…ラトランド伯に無理やりついていってここまで来たんじゃなかったのか?
        何に疲れているんだ、それがしは)


クリフォード男爵はごろりと寝返りをうって、突然顔を覆っていた両手を上に突き出してみせた。


\\ヽヽL(@へ@ )┘////『ヨークの国王僭称親父を討ち果たして父上の復讐もチャラにした!
                    ウォリックの伯爵には負けたが、それがしにしてはよくやったと褒めていい
                    人生だったじゃないか!それなりに上々ぞ!
                    褒めてくれる人がそばにおらぬなら、自分で自分を褒めようぞ!
                    よく頑張ったな、それがし!ヴィーヴ・ラ・ソレガシ!!!!1!』


しばらく両手をぶんぶん振り回し、しゃがれ声でテンション高く自分を褒めちぎってみたクリフォード男爵で
あったが無理やり作りだしたハイテンションは5分と持たず、また押し黙ってごろごろと寝返りをうった。


(@へ@ )ゞ(…いくら頑張ったところで、褒めてくれる人がいなければ張り合いがないぞ。
         正直うっとうしかった父上…なんかネジがだいぶ抜けてる国王陛下……には褒められても
         あまりうれしくない。ときどきドン引きするテンションになるマルグリット王妃…も違うな。
         それがしはやはり…)


クリフォード男爵は目を閉じて寝返りをうつのをやめた。


(=へ= )『……それがしは、出来ることなら生きて帰ってきて…
        マルゴーに迎えられて、ハリーたちの顔を見て…そうして、勝ったぞ!と城のみんなに伝え
        たかったな。こんな形で帰って来たかったわけじゃないんだ…
        こんな…負けて、うっかり喉当て外したばかりに射殺されて、戦線もろくに保てずに負けた
        などという報せを持ち帰りたくは……』


皆が寝静まった真夜中、ほとんど空の城の中で寝床の枕に顔をうずめたままのクリフォード男爵は髪の毛を
もしゃもしゃとかきむしったのだった。



ェァ【クリフォード男爵、スキップトンへ行く・4】に続く

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

minomushi106

Author:minomushi106

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。